• 2017年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 2016年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2015年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2014年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2013年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2012年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2011年
  • 2010年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2010年
コンクールカレンダー
  • 月刊シナリオtwitter
  • 映人社ブログ
  • 月刊ドラマtwitter
  • 月刊ドラマFacebook

  • コンクールカレンダー

月刊ドラマ

▶発表

第16回 テレビ朝日新人シナリオ大賞 受賞作発表

 第16回を迎えた今回から、テレビドラマ部門に加え、オリジナル配信ドラマ部門、映画部門の募集も加わった、脚本家の登龍門。
 今回、応募総数1845編から厳正な審査の結果、大賞1編、優秀賞2編が選ばれた。
 受賞者の喜びの声「受賞の言葉」、最終選考委員の脚本家・井上由美子氏、岡田惠和氏、両沢和幸氏による「選考作家座談会」、受賞作3編の脚本を掲載。

掲載シナリオ

大賞(オリジナル配信ドラマ部門)

寺下佳孝『ずるいよ、みんなっ!』

優秀賞(オリジナル配信ドラマ部門)

福島伸幸『LastMassage』

優秀賞(映画部門)

荒木伸二『二十年、待って。』

▶オーディオドラマ脚本

第42回 放送文化基金賞〔番組部門〕ラジオ番組優秀賞/脚本賞受賞

掲載シナリオ

瀬戸山美咲『あいちゃんは幻』

NHK FMシアター 2016年1月30日放送

 キャバクラで働くミカ(25)と、出会い系サイトでサクラをしているハナ(23)。どこかうまく生きられない者同士の共同生活。ある夜、仕事にイラついたミカはハナのことを「人をだまして稼いでいる!」となじった。まもなく、ハナの姿が消える。心配するミカは、出会い系サイトの事務所を訪ねる。そこでハナが演じていたサクラのキャラクター「あいちゃん」の代役をまかされてしまう——。  都会の片隅で生きる女二人の屈折した友情と、自分を取り戻していく姿を表情豊かに描くヒューマンドラマ。
 瀬戸山氏のコメント“作者ノート”も掲載。
出演:安藤サクラ 成海璃子 野間口徹 落合モトキ 外山文孝 棚橋真典 黒田啓之 湯浅浩史 川本麻里那 伊藤友乃 伊藤玄紀 山脇真

▶オーディオドラマ脚本

第53回 ギャラクシー賞〔ラジオ部門〕選奨受賞

掲載シナリオ

北阪昌人『ライターのつぶやき〜河北新報の5年〜」

TOKYO FMほかJFN系 初回放送:2016年3月6日

 東日本大震災から5年目を迎える成人の日。宮城県の漁師町・女川で新聞配達店を営む男のもとに、謎の少女が現れる。少女は男が失くしたと思っていたライターを手渡し、新聞配達の車に乗せてくれとせがむ。男は、復興しつつある女川の町を案内しながら、5年前、震災翌日に発行された河北新報を避難所に配った話を聞かせる。「おじさん、怖がらずに聞いてね」。少女は誰にも言えない秘密を男に打ち明ける。そしてある「お願い」をするのだった……。果たして少女の正体とは……。
 成人の日に起きた、たった1日の奇跡のものがたり。
 北阪氏のコメント“作者ノート”も掲載。
出演:山崎一 大後寿々花 辻しのぶ

▶インタビュー

山岡潤平『思い切り振り切ったドラマを創りたい』

 NHK BSプレミアム『受験のシンデレラ』ほか数多くのドラマ脚本を手掛ける山岡氏に、脚本家を目指した経緯、デビュー当時のエピソード、『受験のシンデレラ』、来年公開の『ピーチガール』の見どころなどについてお話を伺う。

▶誌上講座

北阪昌人の enjoy! radio drama(4)
 好評連載・北阪昌人氏の『ラジオドラマ脚本を書いてみよう!』がリニューアル。ラジオドラマ脚本の第一人者としての日々の雑感など綴るパートと、ラジオドラマ脚本の誌上講座の2部構成で、ラジオドラマを創る楽しさを紹介していく。

▶連載

寺田憲史『シナリオライターの生き残り術 求められる存在になるために』(2)
 シナリオライターとしてデビューしたものの、フェードアウトしてしまうケースが少なからずある中で、作家として第一線で長く活躍を続けるには何が必要なのか? アニメシナリオを起点に様々なジャンルの作品を手掛けてきた寺田氏が、自身の経験などを基に、そのヒントを伝授。第2回は「自作のシナリオを語る」。

▶連載

こうたきてつや「テレビドラマ史 脚本家が紡いできた世界」(22)
 長い放送の歴史の中でテレビドラマが果たしてきた役割——何が生まれ、何を得て、何を失ったのか? 脚本家がテレビドラマでどんな世界を紡いできたのかを紐解くことで、現在のテレビドラマが抱える問題を浮き彫りにする。今回は『テレビドラマの新たな創造(8)〈発展期〉〜一九七〇年代前半〜』。

▶連載

放作協通信(46)
 一般社団法人日本放送作家協会の最新情報を伝える広報ページ。
 今回は、動画配信サイト「NETFLIX」で配信中の、ベストセラー小説のドラマ化『火花』の脚本および脚本監修を手掛けた加藤正人氏に、脚色をするにあたり気を配った点、インターネット配信ドラマの可能性などお話を伺う。

▶連載

さらだたまこ/カフェ・ラ・テの庭で(88)
AM1422kHz ラジオ日本・木曜深夜2時から好評放送中のトークラジオとのコラボ企画。
 今回は、脚本家の會川昇さん、福田卓郎さんのトークを誌上採録。

▶シナリオ公募情報

(募集要項)
函館港イルミナシオン映画祭 シナリオ大賞
『カフェ・ラ・テ』ドラマ・ファクトリー「フレッシュ・ドラマ・シリーズ」(夏)脚本募集
BKラジオドラマ脚本賞
城戸賞
南のシナリオ大賞
WOWOWシナリオ大賞
中四国ラジオドラマ脚本コンクール
橋田賞新人脚本賞
新人シナリオコンクール

▶ライター掲示板

扇澤延男/藤川桂介/本田隆朗/待田堂子/真野勝成/村上桃子/李正美

▶トピックスコーナー

向田邦子賞授賞式行われる/放送文化基金賞発表/新刊案内

▶オーディオ・ドラマコーナー

ドラマ8月号

2016年8月号
  • 2016年7月16日発売
  • 発行:映人社
  • 定価:967円
アマゾン

ページの上部まで飛びます