• 2017年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 2016年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2015年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2014年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2013年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2012年
  • 1月号
  • 2月号
  • 3月号
  • 4月号
  • 5月号
  • 6月号
  • 7月号
  • 8月号
  • 9月号
  • 10月号
  • 11月号
  • 12月号
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
コンクールカレンダー
コンクールカレンダー
コンクールカレンダー
  • 月刊シナリオtwitter
  • 映人社ブログ
  • 月刊ドラマtwitter
  • 月刊ドラマFacebook

月刊シナリオ

掲載シナリオ

「天地明察」

脚本:加藤正人 滝田洋二郎
監督:滝田洋二郎 原作:冲方丁 主演:岡田准一 宮崎あおい 佐藤隆太 市川猿之助 笹野高史 岸部一徳 渡辺大 白井晃 横山裕 市川染五郎 中井貴一 松本幸四郎ほか

▶インタビュー

加藤正人 〜観客の目線を大切に細かく作りこんである滝田映画〜(聞き手:野村正昭)

掲載シナリオ

「豚と軍艦」

脚本:山内久
日活創立100周年記念 特別企画「日活映画 100年の青春」より
監督:今村昌平 出演:長門裕之 吉村実子 三島雅夫 丹波哲郎 大坂志郎 加藤武 小沢昭一 南田洋子 佐藤英夫 東野英治郎 山内明 中原早苗ほか

▶創作ノート

山内久/玲子 今村昌平との仕事『豚と軍艦』(聞き手:渡辺千明 藤久ミネ)

▶インタビュー

映画『鍵泥棒のメソッド』脚本・監督
内田けんじ 〜オリジナル脚本で撮らせてもらえるのは幸運なこと〜

▶映画評(連載)

柏原寛司の映画館へ行こう――創り手たちの映画評
〈ゲスト〉柏田道夫(脚本家、シナリオ・センター副所長)
「リンカーン弁護士」「依頼人」「崖っぷちの男」「ダークナイト・ライジング」「ミッドナイト・イン・パリ」

北里宇一郎
試写室から/『のぼうの城』『鍵泥棒のメソッド』

▶シナリオ講座(連載)
【人気書籍・再録】シリーズ

川邊一外
シナリオ創作演習十二講 第4講

久保田圭司
シナリオセミナー/キラっと光った作品たち

▶読み物・エッセイ(連載)

佐伯俊道 
終生娯楽葉の戯言(たわごと)/シナリオライターは臓器提供者なのか?

「影武者」「乱」などの脚本家—— 井手雅人の遺したノート (解説)古田求 第11回 市川崑監督をキライな理由

米村正二
シナリオエッセイ/トルコ・イスタンブール「グウゼンヒツゼン」

桂千穂
映画漂流記/”後輩のために頑張ってくださった”新藤兼人氏——

浦崎浩實
シナリオ番外地/”敵”はどこだ?「アルゴ」「男の花道」「桐島、部活やめるってよ」

▶書評

わたなべりんたろう
『脚本を書くための101の習慣』

▶シナリオ作家情報

[自作を語る]
清水厚『ナナとカオル 第2章』

斉藤玲子『よだかのほし』

 

前田哲『王様とボク』

 

宮崎大祐『夜が終わる場所』

 

高橋郁子 さとうけいいち『アシュラ』

 

片岡修二『ストリッパー』

 

森岡利行『蝉の女 愛に溺れて』

 

いまおかしんじ『百日のセツナ』

 

御法川修『人生、いろどり』

[作家通信]
葉山陽一郎

「シナリオ倶楽部新聞」

シナリオ10月号

2012年10月号
  • 2012年9月3日発売
  • 発行:シナリオ作家協会
  • 定価:957円
アマゾン

ページの上部まで飛びます